工法

ワンダーターフ

ロングパイル人工芝のトータルプラン

ロングパイル人工芝舗装の路盤から芝種まで、全てをお客様のニーズに合わせてご提案いたします。

公認規定基本仕様

砕石路盤とアスコン基層からなる下地舗装は(財)日本サッカー協会のロングパイル人工芝ピッチ公認規定の基本仕様に則り高品質なロングパイル人工芝舗装を実現します。

黒潮町 土佐西南大規模公園 多目的運動広場
JFA人工芝公認施設 201号 202号


フラットペーブ工法

砕石路盤上に不陸整正を行い、専用の特殊固結材を散布して優れた平坦性と透水性を持った砕石下地を構築し、その上にロングパイル人工芝を敷設する工法。アスコン下地に比べ経済性が向上します。

宇部市ときわ公園サッカー場
JFA人工芝公認施設 211号

ベースペーバ工法

砕石路盤をフィニッシャで情報化施工。アスコン舗装の下地砕石路盤も、上記フラットペーブ工法の砕石路盤も、スピーディーで精緻な仕上がりです。

フィニッシャで砕石路盤敷設

ワンダーターフ・マルチ

陸上競技の投てき競技(やり・ハンマー・円盤)の使用を可能にした画期的なロングパイル人工芝。独自の人工芝構造で投てき物の衝撃を緩和し、バウンドを抑え着地を安定させます。また日本サッカー協会が定めるロングパイル人工芝製品検査基準値も満たしており、サッカー場やラグビー場としてもご使用いただけます。

田辺スポーツパーク陸上

田辺スポーツパーク(和歌山県)JFAロングパイル人工芝公認施設166号

田辺人工芝敷設状況

芝にささったやり


≫ 施工事例を見る

Pagetop